授乳期の子猫用

どの国のものがキャットフードはオススメなの?

可愛い猫ちゃんと一緒に長年に渡って共に生活をしたいと考えているのでしたら、キャットフード選びが非常に重要となります。
よく野良猫と呼ばれている飼い主のいない猫がいますが、野良猫の食生活は酷く偏っており、平均寿命は8年程度だと言われています。
10年持てば御の字なのです。

しかし室内で飼っている猫の中には、なんと20年近くも元気に過ごしているケースもあります。
もちろん全ての室内の猫が20年生きるワケではなく、その秘密は与えてるキャットフードにあります。
栄養バランスの悪いキャットフードを与え続けてしまうと、悲しいお別れの時期を早めてしまうことになります。

キャットフードの中には、化学物質が含まれていたり、農薬をたっぷりと使用しているものもあります。
人間が食べればほぼ間違い無く健康を害してしまうことになるでしょう。
そんな恐ろしい餌を与えることが出来ますか?この事実を知らない人は、日本で市販されているものだからといった安心感から普通に与えてしまうことでしょう。

知らぬが仏とも言いますが、その分猫の寿命を短くしてしまっているのです。
国産品にも栄養バランスが整ったキャットフードも多くありますが、ちょっと目線を変えて海外のキャットフードなんていかがでしょうか?
特にヨーロッパ産のキャットフードの中の無添加認証を受けたものは、非常に安全性が高く、猫の健康を害してしまう成分は一切含まれていません。
輸入品ですと抵抗を持つ方がいますが、ヨーロッパ産となれば話は別です。

いつもと違う猫の食い付きにきっと驚くことでしょう。
輸入品で最も危険性の高いのは中国産かもしれません。
どのような製品でも粗悪品が目立つ中国産は、ペット用の食べ物にも粗悪品が多いのが現実です。
実際にアメリカでたくさんの犬が同時期に死んでしまった事件がありましたが、あの原因はどうやら中国産のペットフードに含まれていた有害物質だったようです。
キャットフードを選ぶ時には、中国産は避けるべきで、無添加タイプを選ぶようにしましょう。
キャットフードの価格相場はこちらにかいてあるとおりなので、こちらを参考にして愛猫によさそうな商品が見つかったら正しいキャットフードの与え方をして、しっかりと体調管理をしてあげましょう。

このページの先頭へ