授乳期の子猫用

肥満猫用にピッタリのキャットフード

最近では人間も欧米の食文化が広まってきており、肥満体質の方が多くなっています。
肥満になると、様々な病気を招いてしまったり、時に取り返しのつかない重大な病気となってしまうこともあります。
これは猫にとっても同じであり、肥満の猫をそのまま放っておいてしまうことにより、思いもよらない病気を引き起こしてしまいます。

これを予防するためにはキャットフードを変えてあげると効果的です。
キャットフードにもいろいろな種類が発売されており、最近ではサイエンス・ダイエットでよく知られている猫用の療法食が人気です。
猫にとって必要な栄養成分がきちんと含まれており、またカロリーも控えめになっていますので、肥満予防にもなります。

使用している原材料も普通に変える一般的なキャットフードと比較して安全性の高いものとなっていますので安心して猫に与えることが出来ます。
しかし猫はカロリーの高い食事が大好物ですので、低カロリーのキャットフードばかり与えていると、次第にストレスを蓄積してしまうことになります。
だからといって猫の健康管理をしている貴方がそのわがままを許してはいけません。

肥満を解消することが出来なければ、猫の寿命を短くしてしまうことになるので、その時ばかりは心を鬼にして低カロリー食を与え、他の餌を求めてきても肥満が解消されるまで我慢させなければいけません。
これは猫だけではなく、飼い主である貴方が幸せな生活を送るためでもあるのです。
愛する猫を少しでも長く一緒にいたいのでしたら、猫のわがままを無視することも大切です。

ただし肥満が解消されたら、普段通りのドライフードやウェットフードに切り替えてあげましょう。
例えば貴方がダイエットをしている時は同じように低カロリー食を続けているかと思います。
本当にイライラしてしまいますよね?猫も低カロリー食が続いてイライラも限界にきています。
元気に遊ぶことも無くなってしまいます。
美味しい食事に切り替えていつもの元気の良さを取り戻してあげましょう。

これは猫だけでなく犬にも同じことがいえます。
犬も太らせてしまうと病気になりやすくなります。
減量できる低カロリーのドッグフードが売っていますので、今までのものから痩せるまでダイエット用ドッグフードに変えて適正体重に戻してあげましょう。

このページの先頭へ