授乳期の子猫用

無添加認証を受けている安心のキャットフード

家族の一員でもある大切な猫ちゃん。
貴方の猫ちゃんにはどのような食事を与えてあげていますか?
普通のキャットフードでも問題ありませんが、どうせならもっと安心安全に食べることの出来る無添加認証を受けたキャットフードを与えてみてはいかがでしょうか?
オーガニック製品というのはヨーロッパにおいて厳しい基準が定められていますが、実はこの基準よりもさらに厳しい基準のあるKRAVと呼ばれている無添加認証団体が存在することをご存知でしょうか?あまり聞きなれない団体名かと思いますが、これはオーガニックにおける関連団体が定めた基準をもとにして非常に厳しい審査が行われています。

さらにKRAVでは、一度審査が通って基準を満たしていたとしても、定期的に厳しい審査を行っており、この審査で基準を満たしていなければ、無添加認証を剥奪されてしまいます。
なんとも厳しい団体と感じますが、それだけ安全性を考えて適応しているものしか認証を与えないという信念があります。
そんな団体が認めているキャットフードでしたら、もちろん安心して猫ちゃんに食事を与えることが出来ます。

キャットフードというのは、猫ちゃんに与えたとしても、目で見て健康を害しているようには見えませんが、実際には人間が食べれば、ほぼ確実に健康被害を受けてしまうとも言われています。
そんな恐ろしいものを猫ちゃんに与えているのです。
今現在日本で販売されているキャットフードの全てがそのような健康に多大なる害を与えてしまうものではありませんが、かなりの確率で良いものとは言えません。

そこで先述したヨーロッパのKRAVを通過したキャットフードがオススメなのです。
日本では購入することが難しいと思うかもしれませんが、実際には数多くの無添加認証を受けたキャットフードは輸入されているのです。
大手のペットショップでも取り扱っていることがありますし、今ではネット通販でも購入をすることが出来ますので一度猫ちゃんに与えて、その違いをよく観察してみてください。
ペットフードに対しての審査が厳しいドイツ産のキャットフードは含まれている成分にこだわって安全なものが多いようです。
なので国産にこだわらず、安全なキャットフードを選ぶ方はドイツ産はいかがですか?
過去に起こったキャットフードの事故がこちらでいくつか紹介されています。
このような事故はキャットフードだけでなくドッグフードでも起こっています。
愛猫や愛犬にあげるエサを決めるのは飼い主です。
飼い主である私たちのあげたエサによって愛するペットたちに苦痛を与えないためにも、しっかりと情報を収集してから商品を選んでください。
値段ではなく含まれている成分で比較してください。
わたしたち飼い主にできることはしっかりチェックしてあげることです。

こちらには安心できる無添加のドッグフードがいくつか紹介されています。
愛猫家と同じように犬を飼っている愛犬家の人も多くいます。
可愛いペットのためにも安心できるエサをあげましょう。


このページの先頭へ