授乳期の子猫用

長毛種用に選びたいキャットフード

長く猫と一緒に生活をしている方でしたらご存知のことかと思いますが、猫というのは体調が悪化してしまうと、毛並みにその症状が現れてきます。
ぱっと見ではその違いに気が付かないかもしれませんので、毛並みの違いを認識するためにも、毎日欠かさずブラッシングをしてあげてください。
その時にただブラッシングをするのではなく、毎日毛並みをチェックしてください。

そうすることで少し毛並みに変化が現れた時、その違いがハッキリとわかることでしょう。
とにかく毛並みに異常を感じたら、そのまま放っておくことなく、すぐに獣医さんに相談をしましょう。
もしかしたら重い病気を引き起こしてしまっている可能性も考えられますので、毎日注意深く観察してあげることが大切です。

逆に考えれば、毛並みが良い状態というのは、体調も良いということになります。
ただし毛並みが悪いからといって必ずしも病気というワケでありません。
加齢によって毛並みが悪くなることもあります。

加齢で皮脂の分泌が少なくなってしまいますので、その結果毛並みが悪くなってしまうのです。
しかし加齢による毛並みの悪化は、キャットフードを変えることによって改善することが出来ます。
そこでオススメなのが長毛種用のキャットフードです。

長毛種用のキャットフードには、毛並みを改善させる効果のある栄養分が含まれていますので、加齢による毛並みの悪化を体内から改善してくれます。
さらに長毛種の猫によく見られるのが毛球症です。
一度毛球症を発症させてしまうと、下痢や嘔吐などの症状が多く見られますので、消化器系の働きを促進させるキャットフードを選ぶと改善することがあります。
それでももし改善しなかったら、すぐに獣医で受診をしてもらってください。
このようにキャットフードと言いましても、ただ単にお腹がいっぱいになれば良いのではなく、猫種やその時の状態によって使い分けることが重要であり、それが長寿にも繋がり、猫と一緒の幸せな日々を長く過ごすことが出来るのです。

このページの先頭へ