授乳期の子猫用

食が細い猫用にオススメするキャットフード

今でこそ人間と一緒に生活をするようになったペットでも定番の猫ですが、実は自然界で生活をしていた猫というのは狩りをする動物だって知ってましたか?一見大人しそうに見える猫も生きていくために獲物を捕らえていたのです。
そしてその獲物が捕らえた時に食事をすることが出来るので、狩りに失敗をした日が食事をしないで水分だけで生活をしていたようです。
その習慣が現在の猫にもあり、中には生まれつき食の細い猫も多くいます。

どんなに食が細いからといって心配する必要はありません。
それは猫の習慣なのです。
もしあまりにも食事をしない場合には何かしらの病気にかかっている可能性がありますので、一度獣医に相談をしてみると良いでしょう。

また食の細い猫に与えるキャットフードは出来る限り栄養分が多く含まれているタイプがオススメです。
栄養満点のキャットフードはこちらで紹介されています。

栄養分は普段の食事から摂取することになりますので、食が細いとどうしても身体に必要な栄養分を十分に摂取することが出来ません。
栄養さえきちんと摂取していれば、食が細くても問題ありませんので、ペットショップなどで店員さんに相談をしてみてください。

逆にあまりにも多くのキャットフードを与えてしまい、肥満気味の猫には人間によって餌の量をコントロールしてあげる必要があります。
また一般的に猫に必要なカロリーは1kgに対して80kcalとされています。
これ以上与えてしまうと肥満の原因となりますのでご注意ください。

最後にキャットフードを与えることで注意をするのがドライフードを与えている場合です。
猫というのは腎臓病になりやすい体質ですので、ドライフードだけでは腎臓に悪影響を与えてしまいます。
そこで一緒にミネラルウォーターを与えてあげることで、十分な水分を摂取することが出来ますので腎臓に負担をかけることがありません。
キャットフードにはドライフードの他にウェットタイプがあります。
ウェットタイプのキャットフードの特徴がこちらに載っていますので、愛猫にどちらをあげるか決めるのに参考にしてください。。

猫の健康を管理出来るのは飼っている貴方だけです。
貴方には猫の健康管理をする義務があります。
最後まできちんと正しくお世話をしてあげてください。

猫は子猫のうちから定期的に歯磨きをしてあげないと成猫になってから歯磨きをしようとしてもなかなかさせてくれません。
子猫のころから歯磨きをしないでいると歯石や歯垢がたまり歯肉炎や歯周炎を起こしてしまう可能性があります。
歯肉炎などになると痛くてキャットフードが食べれなくなり、衰弱してしまうこともあるそうなのでそうならないためにも歯磨きを行いましょう。
歯磨きを嫌う子の場合は歯石や歯垢が付きにくいキャットフードがありますのでそういったタイプをあげましょう。

このページの先頭へ